森の京都地域・農山村教育体験旅行

農山村教育民泊、農業体験ツアーを通じて都市農村交流を推進しています


MENU

ニュース
旅行エージェントや京都市内宿泊施設と情報交換

京都丹波・食と森の交流協議会では、京野菜等の産地である強みをいかした食の体験や豊かな自然 環境の中での森の体験を、京都丹波ならではの教育体験旅行のプログラムとして提供しています。

今回、年間100万人を超える修学旅行を取り扱っている大手・中堅旅行エージェントや京都市内の宿 泊施設の情報交換会に招かれました。
京都丹波での京野菜の収穫体験プログラムや教育旅行の受入体制等についてプレゼンテーションを行い、京都市内施設との連携を提案してきました。

旅行エージェント等からは、受入実績等についての質問や、「年々、体験プログラムが充実してきている。」との評価の声をいただきました!
今後は、より具体的な連携を図っていきます。

概要
日時 平成26年1月9日(木) 午後4時~午後5時
場所 京都市中京区旅庵花月様
参加者
  • 旅行会社様:12社
  • 宿泊施設様:10社
  • 京都丹波・食と森の交流協議会役員:3名
  • 京都府南丹広域振興局農林商工部長他:3名
内容 京都丹波ならではの教育体験旅行イメージDVD放映
京都丹波の食の体験(農業体験)・森の体験(環境学習)のプレゼンテーション
  • ポイント1:にそとの開通による京都市内からのアクセス改善
  • ポイント2:千年の京を支えてきた地域での食や自然体験の意義
  • ポイント3:協議会によるワンストップコーディネート
参加者の声
  • 年々、体験プログラムも資料も充実してきている。(旅行エージェント様)
  • 京都丹波とも連携し、より京都らしさを出し、京都全体で修学旅行を確保していく必要がある。(市内宿泊施設様)
お問い合わせ