森の京都地域・農山村教育体験旅行

農山村教育民泊、農業体験ツアーを通じて都市農村交流を推進しています


MENU

体験ツアー
丹波大納言小豆の体験

主旨

都として栄えた京都で、天皇や貴族に献上されるなど、和菓子の原料として珍重され、大粒で、煮ると香りが良く、煮崩れ(腹切れ)しない丹波ブランド農産物の代表「丹波大納言小豆」に直接触れていただきます。
現在も、昼夜の温度差が大きい丹波地方の山間地で、丹精をこめて高品質な丹波大納言小豆を作り続けている農家から、体験の指導だけでなく、生産する時の苦労ややりがい、京都らしい食べ方なども伝えます。

丹波大納言小豆の栽培・収穫・選別作業体験

丹波大納言小豆の畑において、畑のダイヤモンドともいわれる小豆を昔ながらの収穫方法で、ひと莢ひと莢、手で収穫します。
時期によっては、収穫後、天日乾燥した小豆を、一粒一粒より分ける選別作業、または種まき(播種)作業を体験。
受入時間 9:30〜16:00 所要時間 1〜3時間
実施期間 通年 対象者 中〜高校生
最適人数 10〜40名

丹波大納言小豆の食の体験

京都の和菓子(京菓子)に珍重される丹波大納言小豆を使った和菓子づくりを体験します。
和菓子を作った後は、抹茶を点てて一緒にいただきましょう。
受入時間 9:30〜16:00 所要時間 2〜3時間
実施期間 通年 対象者 中〜高校生
最適人数 10〜40名

主な体験場所

体験地域MAP 京丹波町瑞穂地区南丹市八木町亀岡市川東地区
  • 京丹波町瑞穂地区
  • 南丹市八木町
  • 亀岡市川東地区

モデルコース

09:30 道の駅「ガレリアかめおか」着(出迎え・トイレ休憩)
10:00 南丹市八木町農家着(丹波大納言小豆の収穫体験)
11:30 終了・移動
12:00 調理実習施設(ガレリアかめおか内)着(小豆を使った和菓子づくり・試食・昼食)
14:00 終了
14:15 出発準備(トイレ)
14:30 出発(見送り)
お問い合わせ