森の京都地域・農山村教育体験旅行

農山村教育民泊、農業体験ツアーを通じて都市農村交流を推進しています


MENU

体験ツアー
京都伝統産業

主旨

京の伝統産業をプロの職人から体験し学ぶ講座です。
小・中学生にはわかりやすく、高校生には充実した高度な内容です。
職人さんからの直接指導ですのであらゆる質問にも対応、職業体験にもピッタリです。時間も学校のスケジュールに合わせて60分〜90分と組み入れやすくなっております。生徒数に応じて会場をご用意いたしますので、同時に複数の伝統産業を体験していただけます。

和菓子

お茶が伝わってお茶菓子としてのお菓子が求められるようになり、室町時代には茶道が繁栄、菓子は急激な発達を遂げます。

京扇子

平安時代初期に、京都で作られたのが扇子の始まりです。後に猿楽、能楽などの演劇にも用いられ普及しました。

金彩友禅

金銀など数種類の箔・粉・泥を用いる技法で、古くは着物に、昨今では装飾やインテリア用品などで活用されています。

花かんざし

正方形に小さく切った布をつまんで折り畳み貼り付けるつまみ細工という技法を用います。江戸初期にこれを用いたくし・かんざしが大流行し様々な階級層に愛されました。

京焼(清水焼)

桃山時代に茶の湯の流行で、茶道具、器を作り、茶人や公家、大名や寺へ献上されました。江戸時代には野々村仁清等が現れ、京焼の地位を確立しました。

型友禅

元々は手描染で量産不可の高級な着物を制作していましたが、明治初期に型友禅写染が発明されました。

主な体験場所

体験地域MAP 京丹波町和知地区京丹波町瑞穂地区京丹波町丹波地区南丹市美山町南丹市日吉町南丹市園部町南丹市八木町亀岡市川東地区亀岡市大井・千代川地区亀岡市亀岡地区亀岡市篠地区亀岡市西部地区亀岡市中部地区亀岡市南部地区
  • 京丹波町和知地区
  • 京丹波町瑞穂地区
  • 京丹波町丹波地区
  • 南丹市美山町
  • 南丹市日吉町
  • 南丹市園部町
  • 南丹市八木町
  • 亀岡市川東地区
  • 亀岡市大井・千代川地区
  • 亀岡市亀岡地区
  • 亀岡市篠地区
  • 亀岡市西部地区
  • 亀岡市中部地区
  • 亀岡市南部地区
お問い合わせ